白髪染めホットライン案内室

白髪染めホットライン案内室へご訪問感謝します!このウェブサイトは素人さんが疑問に思えるだろうことをベースに、何てことはない本音も盛り込んで白髪染めの世界を細部に亘ってお教えします。 - 美容室と自宅での白髪染めの違いとは

美容室と自宅での白髪染めの違いとは

自宅で頑張って白髪染めをしても、なかなかキレイに染めるのは難しいものです。染まったと思ってもムラができたり、すぐに落ちたりすることもあります。またパサついたりと髪が痛めたりするケースもあり、自宅で満足のいく白髪染めをするのは大変です。

美容室と自宅での白髪染めの違いとは

しかし、美容室で白髪染めをした場合、そんなことにはなりません。もちろんプロだからでしょうがその違いには目を見張るものがあります。

まず染める場合につかう白髪染めの染料剤の違いです。自宅での使うものは市販されているものであり、その染料剤のうち過酸化水素の濃度はある程度一定のものになっているのです。しかし、美容室の場合には、その濃度を髪のダメージやまた白髪の量などによって使い分けをしたらすることもあります。それにより髪に浸透しやすいなんてこともあるのです。

また、大きな差としては、白髪染めをしたあとの髪の色もあります。自宅での白髪染めで使うものでも、今だとかなりの色が出てきています。しかし、ハイカラーにすると痛めやすいなどして、人によってはカラーも使える範囲が狭まることもあるのです。またハイカラーはちょっと難しいなんて声もあります。
それに比べると、美容室のほうがさらにカラーも多く、その人にあったカラーをつけることも可能です。

最後に

自宅と美容室の違いとして、あとは白髪染めをしたあとの放置時間や白髪染めを塗り込む時間などでも差があります。美容室ならではのテクニックとも言えます。これらならばあなたも習得できるので、聞いてみるのもいいでしょう。